iPhone

これぞ求めていたサイズ感!ESR iPhone 12 mini おすすめケースのご紹介

 

iPhone 12 miniに備えてケースを先に買っておきたいけど、おすすめはあるのかな?

 

今年も新型iPhone発売の時期がやってまいりました。

注目はなんといっても新型iPhone SEよりも筐体サイズが小さいにもかかわらず5.4インチ大画面のiPhone 12 miniですね!

 

たっく
たっく
ようやく初代SEから変更できるという方も多いかと

 

本体の発売が開始されるとケース類もすぐに売り切れてしまうので、iPhone 12 miniは絶対買う!と決めている方は先にケースを手に入れておきましょう。

 

トド
トド
ケースはもう発売されているの?

 

たっく
たっく
純正品以外では品質や評価の高いESRからいくつか出てるよ

 

品質や評価に定評のあるESRから複数のケースがすでに発売されていますので、今回はそんなiPhone 12 miniのおすすめケースをご紹介しようと思います。

 

iPhone 12 シリーズの特徴

 

 

iPhone 12シリーズ

✓ iPhone 12 mini (5.4インチ)
✓ iPhone 12 (6.1インチ)
✓ iPhone 12 Pro (6.1インチ)
✓ iPhone 12 Pro MAX (6.7インチ)

特徴

✓ すべて5G対応 (Sub6のみ)
✓ ブルーなど新色追加
✓ iPhone初のminiモデル追加

上でも書きましたが目玉はminiモデルの追加です。

5Gにこだわるメディアも多いですが日本の5G普及はまだまだ先なのであまりこだわらない方がよいかと。

デザインは初代iPhone SEのような四角いデザインになりました。

 

トド
トド
日本のユーザーが求めていたやつがまさにこれだよね

 

ESR iPhone 12 mini ガラスケース

 

 

まずは定番、ガラスと柔軟素材を組み合わせたハイブリッドケースです。

サイドは柔らかいTPUに似た柔軟ポリマー、背面はガラスで作られており強度も強く着脱もしやす設計となっています。

四隅には衝撃吸収クッションも備えているため落下しても安心ですね。

まずは本体デザインがよく見えるようにクリアケースから!という方にはおすすめです。

 

トド
トド
定番の形で失敗がなく安心だね

 

ESR iPhone 12 mini シリコンケース

 

 

続いてはシリコンケースです。

とてもシンプルな作りでマット加工がされています。

一般的なソフトケースのため滑りにくく、握り具合はポリカーボネートケースよりしっくりくるのではないでしょうか。

商品ページに記載はないですがストラップホールもついているようですので、無いと困る方はこれがベストかも。

カラーはネイビーなので、新色のブルーとの相性がいいかもしれませんね。

ESR iPhone 12 mini メタルキックスタンドケース

 

 

一般的なポリカーボネートケースですが、背面にキックスタンドがついているモデルです。

ZOOM飲み会やオンライン面接に便利そうです。

ESR独自の設計機構で最大60°まで自由に調節でき、3,000回以上の使用後も80%以上のヒンジの強度を保つということです。

背面スタンドが必要な方は別途スタンドを用意するよりも、このような一体型ケースを使用する方がスマートですね。

まとめ

本体発売前に一足早くESR iPhone 12 miniケースのご紹介でした。

おそらく日本では12シリーズの中でもminiが一番売れると思いますので、ケース争奪戦の開始ですね!

それでは!

iPhone 12 miniのサイズ感をiPhone SE 初代&二世代と比較してみた ついにiPhone 12 シリーズが発表されましたね。 事前のリーク通り新型iPhone SEよりも筐体サ...
懐かしい名前が復活!iPhone 12シリーズ用MagSafe対応Apple純正アイテムのご紹介iPhone 12シリーズ用MagSafe対応Apple純正アイテムのご紹介...
コスパ最強スマホ!iPhone SE 2020を購入したら用意するべきおすすめのアイテムをご紹介 一部の方は待ちに待ったiPhone SEの後継がようやく登場しました。 実質iPhone 8の後継というこ...
ついに大本命が登場!OAproda iPhone SE 2020用ガラスフィルムレビュー 先日iPhone SE 2020のNIMASOガラスフィルムの記事でも紹介しましたが、外観はほぼ同じでもiPhone 8...