PC

コスパ最強!約10万円で買えるおすすめのデスクトップゲーミングPC

コスパ最強です。

一昔前までは高級品だったゲーミングPCですが、最近ではそれなりに問題なく動作するエントリークラスが約10万円ほどで手に入るようになってきました。

トド
トド
MacBook Proより全然安いね
たっく
たっく
デスクトップで筐体は大きいけどね

今回は約10万円で買えるゲーミングPCを選定してご紹介していこうと思います。

PS4でも使える!最新おすすめのゲーミングマウス3倍速いかも?? 日本ではここ数年でプロゲーマーたちが盛り上がりを見せ、プロユースに合った性能を持つ製品も増えてきました。 ...

https://todotsuma.com/gaming-headse

そもそもゲーミングPCとは?

定義は特に決まっていませんが、一般的にはグラフィック面が強化されたPCを指します。

トド
トド
結構アバウトなんだね

グラフィックボードとCPUの組み合わせによってある程度プレイできるゲームが決まってきて、当然3Dグラフィックの重い処理があるゲームはマシンパワーを要求されます。

今回は10万円クラスでも狙えるようになってきたGeForce GTX1660 Tiというおすすめのグラフィックボードを搭載したものに限定してご紹介します。

もちろん最高クラスではないですが、1920×1080解像度なら十分すぎる性能を発揮するもので、少し前までは10万円クラスでは買えませんでした。

たっく
たっく
FF14などもプレイ可能です

マウスコンピューター G-Tuneシリーズ


まずはマウスコンピューターのG-Tuneシリーズからです。

いきなり結論ですが、10万円でGTX1660 Ti搭載なら執筆時点ではこれがコスパ最強かと思います。

Intel系ではないAMDのRyzen 7 2700という少し人気のないCPUを積んでいますが、

16GBメモリやSSD512GBなど他に弱点がありません。

それでいて税別にはなりますが、99,800円と10万円切りを果たしています。

機種 NEXTGEAR-MICRO am550SA4-SP
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 7 2700
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
グラフィックス GeForce GTX 1660 Ti
価格 99,800円(税別)~

マウスコンピュータの詳細を見る

パソコン工房 LEVELシリーズ


次はパソコン工房です。

Core i5搭載など全体的にバランスが良いのですが、SSDでなくHDDなのと、メモリが8GBなのが少し残念です。

SSDのドライブ追加はできるようですが、HDDを無しにしてSSDへ変更は出来ないようです。

機種 LEVEL-M0B6-i5F-RX
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i5-9400F
メモリ 8GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1660 Ti
価格 98,980円(税別)~

パソコン工房の詳細を見る

ドスパラ GALLERIAシリーズ


最後はドスパラのGALLERIAです。

G-Tuneと比べるとRyzen 5にダウンしていますが、その分ストレージはSSDとHDDのデュアルになってます。

ただ、HDDは外付けでもいいのでやはりCPUが良い方をとるべきです。

機種 GALLERIA RT5
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 2600
メモリ 16GB
ストレージ 240GB SSD / 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1660 Ti
価格 92,980円(税別)~

ドスパラの詳細を見る

まとめ

3社とも特徴がありますが、やはり現時点でのおすすめはマウスコンピューターです。

筆者も過去に別のPCを購入したことがありますが、特に不具合などもありませんでした。

この手のPCはサイクルが早いのでこれを上回るコスパの製品がでてきましたら更新をかけようと思います。

それでは!

HDDとは違う?PS4の換装におすすめの定番SSD数年前に買ったPCが遅くて起動するのにも数分かかる そんな時に劇的な変化が見込めるものといえば、そうSSDです。 最近はかな...