GAME

クラウドゲームプラットフォームGoogle STADIA爆誕!日本での開始時期や価格は?

来るか、未来

Googleがゲーム開発者向けのカンファレンス「GDC 2019」にて、クラウドゲームプラットフォーム「STADIA」を発表しました。

ん?クラウドゲーム?据え置き型のゲーム機と何が違うの?

というわけで、一つずつ特徴などを確認していこうと思います。

クラウドゲームとは?

例えばPS4で考えてみましょう。

このようなゲーム機本体は基本的にはパソコンと同じ構成となっています。

CPUやメモリ、HDDが内蔵されており、そのパワーやリソースを使ってゲームを動かします。

ですので、当然ながらPS4の性能を超えるゲームはできません。

そして、PS4本体がないとゲームができません。

トド
トド
そりゃそうだ

それに対して、クラウドゲームはサービス企業(今回はGoogle)のデータセンター内にあるサーバーで動かし、その画面をユーザの端末へ表示させます。

サーバーというのは企業レベルで使える超高性能なパソコンと思ってもらえれば結構です。

つまり、ユーザ側は高性能な機器を持たなくても、サーバーで動いているゲームを表示される機器さえあればいいのです。

デスクトップPCやノートPC、タブレット、そしてスマートフォンですぐにゲームができます。

ハイスペックなものは不要です。

また、Googleがサーバー側でバージョンアップを行えば性能UPすることができますので、ゲーム機本体を買い換える必要もありません。

STADIAの特徴

4K HDRの60fps

60fpsというのは1秒間に60コマ画面が切り替わる=動きがなめらかということです。

パラパラ漫画をイメージすればわかりやすいかもしれません。

このコマ数が多いと、3D酔いしにくくなると言われています。

ただ、これくらい高画質でスムーズな動きを求めるとゲーミングPCでもそれなりのお値段を積まないとできません。

それがミドルクラスのスマートフォンでも動いてしまうのですから驚きです。

しかも、将来的には8K/120fpsを目指すとかなんとか。すごいですね。

YouTubeからすぐに起動

例えばYouTubeでSTADIAのゲームが紹介されているとして、その中に表示される「Play」のボタンを押せばすぐにゲームが起動するような仕組みがあるようです。

本体の電源を入れて、、、という作業もなく、ロード時間もかなり短いようです。

たっく
たっく
面倒くさがりなおっさん(私)には助かる!

さらにはそのYouTubeで実況中のゲームに簡単に参加したりできる仕組みもあるようで、ゲーム実況をしている方はすぐにでも導入してほしいのではないでしょうか。

STADIA Controller

STADIA Controllerという専用のコントローラがGoogleから合わせて発売となります。

YouTubeへ映像をアップロードする機能

Googleアシスタントボタン搭載(音声入力)

直接Wi-Fiに接続され、遅延が抑えられている

考えられてますねー

ちなみにこのコントローラ以外でも汎用品が使用できます。

気になるところ

もちろん、気になる部分もあります。

インターネット回線

クラウドゲームは完全ストリーミングサービスです。

ディスクやカートリッジを読み込むのではなく、常にインターネットからゲームをダウンロードしているような環境になるので、圧倒的な回線速度、帯域、安定性が必要です。

また、外で接続しようものならパケ死(死語)確定です。

一部の記事には、「この発表会が行われた会場でさえ接続状態が悪いのに大丈夫か、、、」

との声もあったとか。

料金

まだお値段については発表されておりませんが、おそらくサブスクリプション型(月額)となることは間違いないと思います。

そして、これだけの機能やスペックを提供するのですから月に1,000円とはいかないでしょう。

同じようなクラウドサービスを先行して実施しているPlaystation Nowの1か月料金が2,500円のようですが、これを超えてくるのではないかと思われます。

あなたはいくらなら使ってみてもいいとおもいますか?

日本での開始時期

2019年にはサービスがローンチされるとのことですが、残念ながら日本どころかアジア全般が対象となっていません。

初めはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパからスタートのようです。

Googleの純正スマホPixelも3まで日本での発売がなかったように、日本でのサービス開始はいつも遅いです。

かなり後回しにされてしまう可能性もあり、気長に待つしかないのかもしれません。

まとめ

ざっとどのような内容のサービスなのかまとめてみました。

先ほど名前がでたPlaystation Nowなど、実は先行しているクラウドサービスはすでに存在します。

ですが、世界数十カ国にデータセンターを構えるGoogleがこれをやるのは話が別です。

もう、テレビモードと携帯モードをスイッチ、、、とか言ってる場合ではないです(笑)

また続報が出てきましたら紹介していこうと思います。

では!