Apple

[2019] iPadとiPad Airどちらを買うべき??性能を比較してみた

どっちがいいの?

2019年秋モデルとしてiPadの最廉価版がアップデートされました。

10.2インチの若干細ベゼルで、より一層スマートなフォルムとなりましたね。

そんな中いざ購入しようとすると、

「あれ?iPad Airというのもあるけどどう違うの?」

という疑問が出てきます。

今回はiPad AirとiPadの違いと、どちらを選択すべきかについて説明して行きたいと思います。

iPadの種類


2019年秋時点で、iPadには下記のラインナップが存在しています。

iPad Pro (11インチ、12.9インチ)
iPad Air (10.5インチ)
iPad (10.2インチ)
iPad mini (8インチ)

iPad Proはスペックも価格も高い名前の通りPro仕様のモデルで、

iPad miniは8インチの持ち歩きに最適なコンパクトモデルです。

これら2つはある意味用途がはっきりしている方が買うので迷いません。

問題はiPad AirとiPadです。

iPad AirとiPadの比較

iPad Air iPad
ディスプレイ 10.5インチ 10.2インチ
-True Tone
-フルラミネーション
CPU A12 Bionic A10 Fusion
フロントカメラ(写真) 7Mピクセル 1.2Mピクセル
フロントカメラ(ビデオ) 1080P 720P

iPad Airは10.5インチ、iPadは10.2インチのディスプレイで

ともにSmart KeyboardにもApple Pencilにも対応しており、一見すると大きな違いがわかりません。

トド
トド
でも価格は大きく違うんだよね

結論から言いますと主にCPUとディスプレイの性能が大きく異なります。

CPU

CPUがiPad AirのA12に対してiPadはA10です。

A10はiPhone7と同等なので、どうしてもサクサク感は劣ります。

とはいえ3Dグラフィックを使用したゲームなどをしなければ、それほど気にならないでしょう。

ディスプレイ

フルラミネーションディスプレイ搭載かどうかです。

フルラミネーションディスプレイとは表面のガラスと液晶が一体化しているもので、

これを搭載しているiPadは薄く作ることが出来ます。

また、ガラスと液晶の間に余計な層ができないためによりクリアに見えます。

iPad AirとiPadには約2万円の価格差があるため、これらの性能差と価格差を天秤にかける形になります。

トド
トド
う~ん、これは迷う

iPad Airを買うべき方


ゲーム目的でiPadを購入する方は間違いなくiPad Airです。

CPUの性能差により、iPadではカクカクするゲームもあるかもしれません。

また、動画編集などを考えている方もこちらになります。

たっく
たっく
動画編集をする場合はProがオススメですよ

iPadを買うべき方


YouTubeを見たり、マンガを読んだり、コンテンツ消費型の使い方をする方です。

これらはCPUパワーが必要なものでもなく、そこそこの性能があれば十分です。

他のiPadを買うと逆にオーバースペックですので、一番安く購入できるこちらにしておきましょう。

まとめ

2万円価格差がある割には分かりづらい性能差となっています。

まずはAppleストアや家電量販店などで2つとも触ってみて、

iPadでも十分自身の用途につかえるのであればiPadにしておきましょう。

その上でSmart KeyboardやApple Pencilなどの周辺アイテムを揃えた方が幸せになれること間違いなしです。

それでは!