iPad

iPad Pro 2020年モデル登場!新しくなった機能を中心に新旧比較

順当進化

直前のリーク情報が飛び交っていたiPad Pro (2020)がついに登場しました。

2018年の登場時にはすでに完成度が高いタブレットに仕上がっていたので、今回は順当進化と呼べる内容になっています。

 

トド
トド
スペックアップして5000円安いのはいいね
たっく
たっく
それが一番のポイントですね

 

今回は旧型から大きく変更された部分を中心に比較して行こうと思います。

iPad Pro 2020 基本情報

 

 

 

特徴

・A12Z Bionic チップ
・11インチ/12.9インチ
・10M超広角/12M広角カメラ
・128GB/256GB/512GB/1TBストレージ
・LiDARスキャナ
・第2世代Apple Pencil対応
・Magic Keyboard対応
・Wi-Fi 6対応

今回のiPad Proはストレージの最小構成が128GBからで旧型から倍になっています。

また、iPhone 11相当のデュアルカメラが搭載されました。

にも関わらず84,800円(税別)~と旧型よりも約5,000円安くなっており、個人的にはこの順当進化と値下げが今回のポイントだと思います。

結論

2018モデルを持っている人は買い換える必要まではないが、持っていない人は即買い

A12Z Bionic チップ

 

 

は、プロセッサですがA12Z Bionicを搭載しています。

なぜA13じゃないのか謎ですね。。。

具体的な数字はまだ不明ですが、A12X bionicから劇的に早くなっているわけではなさそうです。

デュアルカメラ搭載

 

 

カメラは10M超広角と12M広角のデュアルカメラを搭載しています。

iPhone 11相当のカメラ性能ということですね。

リーク情報では三眼とも言われていましたが、まあ二眼でも十分だと言えます。

そもそもiPadのカメラ性能がそこまで必要なのか、、、まあ人によりますね。

LiDARスキャナ

 

 

ただ、このモジュールで具体的に何ができるようになるかはこれからといったところで未知数です。