iPad

キーボードが不要な人に最適!iPad Pro 2020 タイプ別おすすめケース

高級品はガッチリガードで!

2020年春Appleの新製品が発表され、新型iPad Pro (2020)が登場しました。

大幅なスペックアップはなかったですが、新モデルとして順当に進化したといえますね。

 

トド
トド
どちらかと言えばMagic Keyboardが衝撃だったね
たっく
たっく
iPad Proはもうタブレットではないのかもしれない

 

今回はそんなiPad Proを手に入れたら必要になる、ケースをタイプ別にご紹介していきます。

なお、iPad Pro (2020)のケースはどうやら2018年モデルでも使用できるものが多いようです。

その逆は無理なので気をつけましょう。

iPad Pro (2020) 基本情報

 

 

特徴

・A12Z Bionic チップ
・11インチ/12.9インチ
・10M超広角/12M広角カメラ
・128GB/256GB/512GB/1TBストレージ
・LiDARスキャナ
・第2世代Apple Pencil対応
・Magic Keyboard対応
・Wi-Fi 6対応

今回のiPad Proはストレージの最小構成が128GBからで旧型から倍になっています。

また、iPhone 11相当のデュアルカメラが搭載されました。

にも関わらず84,800円(税別)~と旧型よりも約5,000円安くなっており、個人的にはこの順当進化と値下げが今回のポイントだと思います。

結論

2018モデルを持っている人は買い換える必要まではないが、持っていない人は即買い

ESR iPad Pro ケース

 

 

は、コスパが高い製品でおなじみのESRからです。

背面がポリカーボネート製ケースでカバー付の、iPadでは定番のタイプです。

持ち運び時にApple Pencilを落とさないようにするフラップが付いていて安心ですね。

逆にApple Pencilを使わない人には少し邪魔かもしれませんが。

カラーは4色展開です。

カラー

グレー
ネイビーブルー
ブラック
ローズゴールド

外でも家でもオールマイティに使えますので、特にこだわりのない方はこちらのタイプがおすすめですよ。

Ztotop 磁気吸着式ケース

 

続いては、こちらも最近よく聞くようになってきたZtotopです。

磁気吸着式のケースで純正Smart Folioに近いタイプのものです。

Smart Folioのように気軽に使いたいがちょっと高くて、、という方にはこちらがぴったりです。

サイドは守られていない状態ですので、気になる方はポリカーボネートやTPUのケースを選択しましょう。

カラーはブラックになります。

TiMOVO クリアケース 

 

 

最後はTiMOVOです。

TPUの枠とポリカーボネートの背面というスマホ用ケースと同じような作りになっています。

私も2018年モデル用に購入し使用していますので、ご興味あればこちらもどうぞ。

TiMOVO iPad Pro 11 クリアケースレビュー!Smart Keyboardを外して手軽に使おう原点回帰も大事です 購入してからというもの使わない日はないくらいに愛用中なのが、iPad Pro 11です。 iPad OS...

カラーはブラックのみです。

2018年モデルにはレッドもありましたので、その内追加されるかもしれません。

あまり外には持ち出さないしキーボードもつけない、タブレットスタイルでよく使うという方にはこちらが最適です。

まとめ

iPad Pro 2020 タイプ別ケースのご紹介でした。

iPad miniなどとは異なり11インチサイズとなるとあまり外には持ち出さないという方も多いと思います。

そのような場合はガッチリガードも必要ないので、できるだけ裸に近い軽いケースを使用することをおすすめします。

iPad Proはタブレットとしては重い部類に入りますので、使うのが面倒になったりするともったいないですからね。

それでは!

iPad Pro 2020年モデル登場!新しくなった機能を中心に新旧比較順当進化 直前のリーク情報が飛び交っていたiPad Pro (2020)がついに登場しました。 2018年の登場時にはすでに...