Apple

SDカードも使いたい!iPad Pro 2018におすすめのUSB-Cハブ

iOSがさらに進化します。

iPad Pro 2018にて、ついにiOS機器へUSB-C端子が実装されました。

iOSから独立した専用OSであるiPad OSもリリースされ、USB接続メモリやUSBマウスなども使用できるようになりましたね。

トド
トド
もう「大きいiPhone」とは呼ばれないね

そんなiPad OSの最大の利点の一つは、外部ストレージの読み書きができるようになることで、iOSの歴史からすれば待ち望まれていた部分でもあります。

ただ、そうなるとUSB-C端子一つだけではどうしようもありません。

今回はそのような時に役立つiPad Pro用に作られたUSB-Cハブのご紹介をしようと思います。

たっく
たっく
一体感あるデザインの製品が多くでていますよ

USB-Cハブとは?

USB-CにはUSB機器の接続の他にも様々な機能が盛り込まれています。

・映像出力
・音声出力
・電源供給

一つの端子だけではこれらすべてをカバーできないため、端子を増やすものがハブです。

単純に端子を増やすという意味合い以外にも、これらの機能を例えば映像出力ならHDMI、音声出力ならヘッドホンジャックなどに変換する役割を持ちます。

HyperDrive


HDMI
ヘッドホンジャック
USB-A×1
USB-C×1 (PD)
SD/Micro SD

まずはクラウドファンディングで絶大な人気を誇り、即座に商品化されたHyperDriveです。

HDMIは4K対応ですし、USBは3.0ですのでこれらのポート使用時に困ることは無いかと思います。

SD/Micro SDカードスロットも搭載されており完全体です。

特徴としては、iPad Proへしっかり取り付けることができる取り外し可能なグリップがついています

拡張性や一体感は抜群ですばらしい製品ですね。

Satechi


HDMI
ヘッドホンジャック
USB-A×1
USB-C×1 (PD)

続いてはここ最近名前をよく聞くようになったSatechiです。

こちらもiPad Pro 2018用にデザインされたハブで、装着感に違和感なし!

本体色に合わせてシルバーかスペースグレイを選ぶことが出来ます。

SDカードスロットがあれば100点だったという感じでしょうか。

その分お値段も安いですけどね。

Hommie

HDMI
ヘッドホンジャック
USB-A×1
USB-C×1 (PD)

最後はHommieというメーカーのものです。

Satechiと同じくSD/Micro SDが無いタイプのものですが、HyperDriveのようなグリップがついています。

上記2つに比べると有名なメーカーというわけではないですが、Amazonの評価も悪くなく価格も安いため十分おすすめできます。

まとめ

ポイントはSD/Micro SDが必要かどうかです。

特にカメラなどの画像をすぐにiPadに取り込みたいという方は必須かと思いますので、その場合はHyperDriveでしょう。

そんなの必要ないという場合でシルバー色が欲しい場合はSatechi、とにかく安い方というのであればHommieで決めるといったところでしょうか。

どれを買っても間違いないと思いますので、まずは詳細を見てみてください。

それでは!

ニンテンドースイッチのドック代わりに!USB-CハブでHDMI画面出力コンパクトが正義です。 最近、ゲーム業界はPS4とニンテンドースイッチともに勢いがあり、盛りあがっているようですね。 私も昔...
iPad ProやMacBookに直接挿せる!USB-C接続マウスを調べてみた選択肢、ほぼ無し 2019年秋、ついにiPad OSがローンチされiPad Proがより一層PCへ近づきました。 外部ストレ...