iPad

純正風マグネット式も!iPad Pro 2018におすすめのタイプ別ケース

がっちり保護しましょう!

iPad Proも登場から時間が経ち、サードパーティ製の周辺機器が充実してきましたね。

その中でもケースは本当に種類が増え、色々と選べる状態となっています。

今回は私が使用しているケースや気になるケースを種類別に紹介していきたいとおもいます。

iPad Pro 2018 マグネット式ケース

そもそも当初はSmart Folioを購入しようと思っておりましたが、触った感じの品質に比べお値段が9,800円(税抜き)となっており、正直高いなあという状態でした。

これならおそらく似たようなマグネット式の製品がその内出るだろうと静観していた矢先、やはり登場してきました。

Amazonでざっと見てみた感じではESRZtotopというメーカーの製品が売れているようで、私はESRの方を購入することとしました。

ESRの方を選んだ理由は、現在も使用しているiPad mini 4のケースとしてESR製を使用していてとても快適に使えているということもありますが、なにより重さです。

ESRの方は約160gに対してZtotopは約260gとのことでした。

トド
トド
同じようなケースなのに100gも違うね。。
たっく
たっく
本体がまあまあ軽いので、ケースで重たくしたくない

また、触りごごちもSmart Folioに近いというレビューを見て、こちらを選択しました。

購入時の価格で3000円弱でした。(Smart Folioの3分の1!)

その他気になるケースも見ていきましょう。

iPad Pro 2018 ガッチリ系ケース

次にご紹介するのはOtterBox Symmetry Series 360 Caseです。

これはApple Store公式で販売されているものですが、前述のケースとは違い、全体をがっちりガードするタイプのものです。

注目すべきポイントは、Apple Pencilをマグネットで付けている上から覆うようにカバーできるフラップがあることです。

今回からマグネット接続できるようになり便利になった第二世代Apple Pencilですが、そこまで強力なものではなく、なにかの拍子に外れてしまうことが多々あるようです。

ですので、Apple Pencilを付けたままカバンなどにいれると外れてどこかにいってしまうという危険があり、それを気にする方に人気となっているようです。

Apple Store公式:otterbox-symmetry-series-360-case

iPad Pro 2018 スリーブケース

次に紹介するのはスリーブケースです。

トド
トド
マグネットケースがあれば、不要じゃないの?
たっく
たっく
側面がガードされてないから、持ち出す時に気になるんだよね

そうなんです。
マグネットケースの弱点は周囲が守られていないことで、カバンなどにそのまま突っ込むとどうしても傷が気になってしまいます。

精神衛生上よろしくないので、スリーブタイプのできるだけ安い製品を探しておりましたが、結局Inateckというメーカーのものを購入しました。

購入の理由としては、Amazonで4.5の評価がついており、1000件近いレビューもあるので問題なさそうだったからです。

いざ商品が届きチェックしてみると、もちろん高級感があるような製品ではないですが、縫製などもしっかりしていて十二分に満足できるものでした。

✔ 内側は傷がつきにくい素材

✔ 前面に大きめのポケット

✔ 裏面にも小さいポケットが2つ

✔ iPad Pro 11 ぴったりサイズ!

まとめ

今回は種類別にケースをまとめてみました。

家で使用するならさくっとマグネットケース、外に持ち出すならガッチリ系ケースやスリーブ併用といったところでしょうか。

まだまだ現時点で買いたいと思わせるケースは少ないように思いますので、いいものが登場したら追加でご紹介していきたいと思います。

ではまた!