iPhone

懐かしい名前が復活!iPhone 12シリーズ用MagSafe対応Apple純正アイテムのご紹介

 

iPhone 12の背面にはマグネットがついたらしいけど、どんなアイテムが使えるの?

 

ついにiPhone 12 シリーズが発表されましたね。

事前のリーク通り新型iPhone SEよりも筐体サイズが小さいにもかかわらず5.4インチ大画面のiPhone 12 miniも発売されます。

 

トド
トド
めっちゃ小さくて売れる予感

 

本体の話は一旦置いておいて今回の注目機能の一つがMagSafe

iPad Proのように背面にマグネットが仕込まれていて、ケースやウォレットなどを付けることができます。

これからサードパーティから色々な製品がでてくることと思いますが、今回は純正品からご紹介していきます。

 

たっく
たっく
クレジットカードなどの磁気カードはちょっと危険かもね

 

 

MagSafe機能とは

 

 

冒頭でも書きましたがiPhone 12 シリーズには背面にマグネットが仕込まれていて、様々なアクセサリを装着することができます。

まさかiPhoneにまでこのような機能を搭載してくるとは思いませんでしたが、サードパーティから使い勝手のいいアイテムがたくさん登場しそうで楽しみですね。

 

トド
トド
カーマウントなんかも便利かも

 

iPhone 12 シリコンケース

 

 

まずは定番の純正シリコンケースです。

ホールド感もよく裏側はマイクロファイバーで保護されているため安心。

今回からこのシリコンケースもMagSafe対応となり、本体に合わせるとぴったり付くようになりました。

この後ご紹介するMagSafe充電器もケースをしたまま使用できます。

色んなケースを試して散財するくらいなら初めからこれでいいと思うのは私だけでしょうか。。。

 

たっく
たっく
結局純正が一番だったりします

MagSafe対応レザーウォレット

 

 

続いてはレザーウォレットです。

見た目そのままカード類を収納できるケースをiPhone背面に取り付けることができます。

特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーで作られていて、強力なマグネットを内蔵。

クレジットカードを安心して入れられるように、磁気シールド機能もあるようです。

とはいえちょっと怖いですけどね。

 

たっく
たっく
磁気カードでなくICカードなら安心だね

MagSafe充電器

 

 

最後はMagSafe充電器です。

おそらくAppleはこれのためにMagSafe機能を搭載したんだろうなあと感じさせます。

そもそも平置型のワイヤレス充電器は少しズレると充電できていなかったということがよくあり、Appleもこれを懸念しているという話が以前にありました。

マグネットだと必ず固定された位置に貼り付くのでズレる心配はありません。

しかも15W充電が可能ですのでUSB-Cの有線まではいかないものの、それなりに高速です。

まとめ

まずは速報として iPhone 12 MagSafe対応アイテムのご紹介でした。

今後はどんどん使えそうなアイテムが登場してきそうな予感がしますので、随時ご紹介していきたいと思います。

それでは!

iPhone 12 miniのサイズ感をiPhone SE 初代&二世代と比較してみた ついにiPhone 12 シリーズが発表されましたね。 事前のリーク通り新型iPhone SEよりも筐体サ...
小型のハイエンド端末がついに!Spigen iPhone 12 mini ケースのご紹介Spigen iPhone 12 mini ケースのご紹介...
これぞ求めていたサイズ感!ESR iPhone 12 mini おすすめケースのご紹介 iPhone 12 miniのおすすめESRケースをご紹介!...
コスパ最強スマホ!iPhone SE 2020を購入したら用意するべきおすすめのアイテムをご紹介 一部の方は待ちに待ったiPhone SEの後継がようやく登場しました。 実質iPhone 8の後継というこ...
ついに大本命が登場!OAproda iPhone SE 2020用ガラスフィルムレビュー 先日iPhone SE 2020のNIMASOガラスフィルムの記事でも紹介しましたが、外観はほぼ同じでもiPhone 8...