iPad

無印iPad (2020)とiPad Airどちらがおすすめ?徹底比較してみた

 

新しく発表された普通のiPadとiPad Airは結構価格差があるけど、ipad Airを買った方がいいのかな?

 

2020年も例年通りiPadがアップデートされましたね。

iPad Pro 11とほぼ同じフルディスプレイの筐体にタッチID内蔵電源ボタンを搭載するiPad Air (第4世代)など、これまでとは少し違った方向性を見せています。

iPad Air 4 とiPad Pro 11どちらがおすすめ?徹底比較してみたiPad Air 4 とiPad Pro 11を比較しどちらを選ぶべきかを書いています。...

その一方で無印iPadはチップ(プロセッサー)のアップデートのみと、その他iPadと比べても少し古さが目立ってきました。

 

トド
トド
さすがに形も古いからiPad Airを買った方がいいかな?

 

たっく
たっく
iPad Airは価格もかなり高くなったからそうでもないよ

 

結論から言えば個人的には「無印iPadをおすすめ」しますので、その理由を書いていきたいと思います。

iPad Air 4 基本情報

まずはiPad Air 4の基本的な特徴からです。

特徴

・A14 Bionic チップ
・10.9インチ
・12M広角カメラ
・64GB/128GB/256GB
・タッチID内蔵電源ボタン
・第2世代Apple Pencil対応
・Magic Keyboard対応
・Smart Keyboard Flio対応
・Wi-Fi 6対応

見た目はほとんどProですね。

チップはiPhone 12 シリーズにも搭載されるA14ですので処理能力はProより上を行く可能性があります。

そしてなんといってもタッチID内蔵電源ボタンです。

最終的には画面内指紋認証を目指すとは思うのですが、Androidの画面内認証搭載機種でも不具合がでていたりなかなか技術的に難しいのが現状。

その他Apple Pencilやキーボード類はもちろんiPad Proと共有できます。

価格は64GBのWi-Fiモデルで62,800円(税別)からです。

 

トド
トド
62,800円!?高すぎ!!

 

無印iPad (2020)とiPad Air 4を比較

 

iPad iPad Air 4
画面サイズ 10.2 10.9
チップ A12 Bionic A14 Bionic
ストレージ 32GB/128GB 64GB/256GB
120Hz駆動
カメラ 8M広角 12M広角
LiDAR
認証 タッチ ID タッチ ID
スピーカー 2 2
Wi-Fi 6
コネクタ lightning USB-C
Pencil ○ (1世代) ○ (2世代)
価格 34,800円(税別)~ 62,800円(税別)~

 

選ぶポイント

✓ チップ
✓ ディスプレイ
✓ コネクタ

もちろん全体的にiPad Airのスペックの方が勝ります。

チップも2世代異なるので処理能力はかなり違うかもしれません。

価格差は無印iPadの32GBWi-Fiモデルが34,800円(税別)ですので28,000円。

ですがiPad Air 4は64GB~なので実質25,000円差ほどとなります。

上記「選ぶポイント」と25,000円差を考慮して、どちらを選択するか考えていく必要があります。

 

トド
トド
同じiPadと言えども、もう全く違うものだね

 

たっく
たっく
かなり差が開いたね

 

チップ (プロセッサー)

 

無印iPadがA12、iPad AirがA14を搭載していて2世代の差があります。

とはいえ、A12はiPhone XSに搭載されていたものでまだまだ現役どころかかなり高性能な部類にはいります。

もちろんiPhone 12に搭載されるA14にくらべれば劣りますが、3Dグラフィックのゲームをバリバリやりたいという方以外にはA12で十分なのです。

 

たっく
たっく
そもそもほとんどの人にとって最新のiPhoneやiPadはオーバースペックなんです

 

カメラとディスプレイ

 

カメラはともに広角カメラがシングルで搭載されていますが、無印iPadが8MでiPad Airが12Mとなっています。

そもそもこのクラスのiPadにカメラ性能を求めている方はほとんどいないと思うので、これはどちらでもいいかも。

ディスプレイについては無印iPadにフルラミネーションディスプレイが搭載されていないところが大きいところ。

これは液晶ディスプレイとフロントガラスを一体化させる技術で、搭載されていないとフロントガラスと液晶の間に少し距離ができます。

コネクタ

iPad AirにはProと同じくUSB-Cが採用されました。

片や無印iPadは残念ながらlightningを継承。

ですが、iPhone12にも結局lightningが搭載されたことを考えると、iPhoneユーザにとってはlightningでも問題ないと言えます。

Androidスマホ使用の方にとってはケーブルが分かれるので面倒なところです。

 

トド
トド
iPhoneだけだよ!(ギズモードより)

 

無印iPad (2020)とiPad Airの比較結果

今回のiPad Airは形状や使用がiPad Proに近づき大きく変化しました。

ですが、倍近い価格を出してまで本当にAirが必要でしょうか?

ほとんどの人にとっては無印iPadで十分幸せになれます。

個人的に今回のAirは値段付けが中途半端で、これを買うくらいならむしろProを買うべきだと思っています。

つまりお手軽な無印iPadを買うかAirよりも高性能なiPad Pro 11を買うか、この二択で悩むことをおすすめします。

機能差と価格差を天秤にかけて、自分にとって幸せになる方を選んでいただればと思います。