アクセサリ

Netflix好きの平たい顔族必須アイテム!Oculus Go用接顔パーツ(フィット)レビュー

平たい顔族の必需品です

我が家には大画面といえるテレビやモニターがありません。

それでも大画面で映画を見たい欲望を叶えてくれるアイテム、それがOculus Goです。

単体で動作するVRヘッドセットでアプリも豊富に揃っており、お値段なんと2万ほどで買えてしまうVR界を一歩身近なものにした製品です。

 

トド
トド
Netflix信者には絶対必要だよね
たっく
たっく
ブラウザからAmazon Prime Videoなども見れますよ

 

そんなOculus Goにもまだまだ弱点はたくさんありますが、その内の一つが日本人には合わない接顔パーツ(マスク)が標準装備であることです。

どう考えても鼻が高いんですよね。

ということで、今回はオプションで用意されている平たい顔族用アイテム接顔パーツ(フィット)を購入してみましたのでレビューしたいと思います。

結論から言いますと、これ絶対必要です。

Oculus Go 接顔パーツ(フィット)

現在Oculus Go本体はAmazonで買えるのですが、なぜかこのパーツについては販売されていません。

仕方がないのでOculusの公式ページから購入してみました。

すべて日本語化されていて、購入もクレジットカードで決済できますので特に迷うことはないかと思います。

香港から送られてきましたが、3日ほどで届きました。

 

トド
トド
はやっ

 

Oculus公式サイト

内容物

箱の中には接顔パーツと説明書が入っています。

残念ながら説明書に日本語表記はありませんでした。

このパーツだけ見るとなんだかカワイイですね。

標準の接顔パーツと比較

標準の接顔パーツと比較してみました。

汚れているのはご容赦を。

全体的に凹凸が少なく、鼻の先には下から光が入ってこないような作りになっていることがわかります。

本体へ取り付け

取り付けるとこのようになります。

がっつり開いていた鼻の部分が閉じられており、下からの光が入らないことで没入感が増しました。

 

たっく
たっく
VRは没入感が命です!

まとめ

Oculus Go用接顔パーツ(フィット)のご紹介でした。

少しお値段はしますが顔のフィット感が大きく変わりますので、平たい顔族には必須アイテムと言えそうです。

Amazonで買えるようになればありがたいんですけどね。

それでは!