GAME

【速報】PS5の仕様が判明!後方互換はあるのか?発売時期は?

これまで様々な噂が飛び交い、2019年にもでるのでは?と囁かれていたPlayStation5(以下PS5)の有力な情報がついにでてきました。

しかも情報公開したのは、この次世代機開発に関わっているリードアーキテクトのマーク・サーニー氏。

実質「中の人」の話ですので、これはもう噂とかいうレベルではなくインタビューという形をとった発表のようなものです。

今回はサーニー氏の語ったTOPICを簡単にご紹介していこうと思います。

特徴

ハード構成

・CPU AMD 第三世代Ryzen (8コア)
・GPU AMD Naviカスタム版
・ストレージ 特別なSSD

まず、PS4から引き続きAMDのアーキテクチャを使用するとのことですので、まず間違いなくPS4の後方互換は搭載されるかと思います。

先日発表されたXBOXのようにディスクレスというわけでもなく、Blu-rayドライブも搭載されそうです。

PS3で搭載されていたCELLというチップはSONYと東芝の独自開発に近い汎用性の無いものであったため、AMDと手を組んだPS4では後方互換が非常に難しく断念されました。

しかし、PS4と今回のPS5のハード構成はほぼパソコンと言えるような汎用性を持っているアーキテクチャで、後方互換は容易だと言えます。

次にストレージですが、ついにSSDが標準搭載となるとのことです。

しかも、サーニー氏は「特別なSSD」という言い方をしており、一般的なSSDとは性能的に少し違うものが搭載されるかもしれません。

テスト機で実際に試験したところ、PS4ゲーム「スパイダーマン」のファストラベル(ドラクエで言うルーラ)でこれまで15秒かかっていたロード時間が0.8秒(!!)に短縮されたようです。

これは体感的にもサクサク感が味わえると思いますので、大きな差になりそうです。

8K対応

たっく
たっく
むしろテレビやモニタが追いついていないね

これは現時点であまり恩恵を受けることができないかもですが、将来8Kが普及した時に向けて余力はあるということになりますね。

東京オリンピックに合わせ8Kの衛生放送はすでに始まっていますので、PS5が登場する頃には8K対応製品も色々選べるようになっているかもしれません。

発売日

2019年中には出ないとのことです。
残念。

PS3登場からPS4登場までは7年かかっていますが、この記事執筆の時点ではPS4がでてからまだ5年と少しですのでまあまだ早いということでしょうか。

ただ、時代は動いていてGoogleのSTADIAやiPhoneでのApple Arcadeなど、これまでとは異なる種類の「敵」が増えてきているのでゆっくりしていては遅れをとるのも事実です。

世界的に話題性を集めるのであれば、2020年に東京オリンピックの盛り上がりに合わせて発表となる可能性もありますね。

まとめ

サーニー氏は次世代機で実現したいことを「進化」ではなく「革命」と表現しています。

当然まだ話せない内容はたくさんあるかと思われますので、最終的には驚くべきハードが登場してくるかもしれません。

もう少し具体的な情報が出てくるのを待ってみたいと思います。

では!