PC

HDDとは違う?PS4の換装におすすめの定番SSD

数年前に買ったPCが遅くて起動するのにも数分かかる

そんな時に劇的な変化が見込めるものといえば、そうSSDです。

最近はかなり価格下落も激しく、エントリーモデルは2019年末に1GBあたり10円になるともいわれています。

トド
トド
500GBが5000円くらいというわけね

そもそもSSDはHDDと何が違うのでしょうか?

また、定番の売れ筋SSDを3つご紹介しようと思います。

HDDとSSDの違いとは?

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、半導体メモリをハードディスクのようなディスク構造のストレージと同じような用途で使用できるものを指します。

PCでいうRAM(メモリ)を記憶装置にしたようなイメージですね。

メモリといっても2.5インチケースに入っている製品が主流のため、HDDから交換も簡単です。

従来のいわゆるHDD(ハードディスクドライブ)は名前の通り、内部で稼働するディスクに書き込むような構造になっています。

たっく
たっく
ケースの中でCDが回ってるイメージですね

では、SSDになるとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

SSDのメリット

ハードディスクのようなディスクに書き込む複雑な構造ではないため、

✔ 読み書きのスピードが速い
✔ 熱を持ちにくい
✔ うるさくない
✔ クラッシュしにくい

SSDのデメリット

✔ 価格がまだまだ高い
✔ 書き込み上限があり寿命がくると即死
✔ 規格が色々と存在し初心者にわかりにくい

おすすめのSSD

Samsung SSD 860EVO

評価
容量 500GB/1TB/2TB/4TB
シーケンシャルREAD 550MB/s
シーケンシャルWRITE 520MB/s
4KBランダムREAD 98,000 IOPS
4KBランダムWRITE 90,000 IOPS

PS4動作確認済みで耐久性に定評のある、SamsungのSSDです。

Amazonのレビューを見ても評価が高いことがよくわかります。

値段が若干高めになっていますが、書き込み上限がとても多かったり高信頼であることから最終的にはコスパがよさそうです。

Crucial SSD MX500

評価
容量 250GB/500GB/1TB/2TB
シーケンシャルREAD 560MB/s
シーケンシャルWRITE 510MB/s
4KBランダムREAD 95,000 IOPS
4KBランダムWRITE 90,000 IOPS
その他 Acronis True Image

SSDとしてはど定番モデルとなります。

様々なブログやYouTubeでPC、PS4のSSD交換エントリーがあがっていますが、みかけるのはほとんどこれですね。

私自身もPC用としてこちらを購入し、とても快適に使用できております。

Samsungと同じくスピードには定評があり、高信頼のため安心して使用できると思います。

また、バックアップソフトで有名なAcronisのソフトを無償で使用できますので、クローン作成も簡単に行えます。

WD Blue SSD

評価
容量 250GB/500GB/1TB/2TB
シーケンシャルREAD 550MB/s
シーケンシャルWRITE 525MB/s
4KBランダムREAD 95,000 IOPS
4KBランダムWRITE 81,000 IOPS
その他 Acronis True Image WD Edition

最後はハードディスクで定評のあるWestern Digitalです。

こちらは電力効率に力を入れているようで、消費電力を従来の製品より25%カットしているとのこと。

Crucialと同様にAcronisのソフトを使用することができますので移行が簡単です。

このWD Blueは当初価格が高かったのですが、最近少し下がってきている傾向にあるためおすすめです。

まとめ

上記でも触れましたが、検索すると様々な情報がやレビューがでてくるのはCrucialです。

最近また少し値段が上がってきているのが少し気になるところではありますが、一番間違いのモデルではないかと思います。

あらゆるPCパーツの中でもSSDはかなり速度を実感できるため、満足感は高いです。

気になっているがまだSSD化していないという人はこれを機にサクッと交換しちゃいましょう!

それでは!

記事内の引用:Amazonホームページ