イヤホン

打倒高級機!10000円クラスのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

使い勝手も音質も。

前回5000円クラスのコスパ最高な完全ワイヤレスのご紹介をしましたが

コスパ最強!!5000円クラスのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン3選これで必要十分です Air Podsのヒットを受けて、通勤などの普段使いイヤホンとして完全ワイヤレスイヤホンを選択する方が多くなっ...

今回は一段階レベルを上げて1万円クラスのご紹介です。

このクラスになると気軽に買えるわけでもなく、5000円クラスよりもメリットがあり、

2万円クラスよりもコスパが高いという難しい商品選びになります。

また、現在の完全ワイヤレス市場は数千円か数万円の2パターンに分かれている傾向にあり、中間層の商品群がとても少ないのです。

トド
トド
う~ん、どれを選べばいいのか難しすぎる
たっく
たっく
AVIOTあたりは最近話題になっているね

今回はそんな中でも評価の高い3製品をご紹介します。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

Trueワイヤレスなどとも呼ばれ、左右のイヤホンがコードでつながれることなく完全に分離している形態のものを指します。

完全にケーブルがないので、誰かに引っ掛けてしまうこともありませんし、ケーブルからくるタッチノイズもありません。

もちろんデメリットもあり、片方だけ失くしてしまうという場合や、どうしても搭載するバッテリー容量が小さくなってしまうため充電回数は多くなります。

今回ご紹介する完全ワイヤレスイヤホンの共通機能

Bluetooth 5.0

最新のBluetoothバージョンで、以前のバージョンに比べて消費電力の低減が図られているのが特徴です。

このバージョンを搭載していることで、連続使用時間も長くなります。

オートペアリング

AirPodsで絶賛されている機能の一つで、ケースから出すとすぐに電源がONになり直近でペアリングされていた機器とつながります。

ボタンを押して電源ONなどの動作が不要ですので、完全ワイヤレスイヤホンにはぴったりな機能と言えますね。

対応コーデック

SBC、apt-X、AACに対応しています。

iOSとAndroidどちらで使っても高音質・低遅延接続ができますので、嬉しいところです。

AVIOT TE-D01d


まずは最近TE-BD21fで話題になっているAVIOTからです。

AVIOTは日本のメーカーで、TE-BD21fだけでなくとてもコスパの高い製品をいくつも生み出しています。

1万円以内でAVIOTを体感したい!という場合はこの機種で決まりです。

Amazon評価
対応コーデック SBC、apt-X、AAC
再生時間 合計約100時間 (本体のみ9時間)

 

再生時間

合計約100時間 (本体のみ9時間)です。

たっく
たっく
ケースを使ってですが、なかなか聞いたことないね

Anker Soundcore Liberty 2 Pro


続いては安定のAnkerです。

「Pro」という名前を冠して、Ankerとしては高額にあたる15,000円クラスの完全ワイヤレスを発表しました。

バランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した独自の同軸音響構造(A.C.A.A)を採用して音質をアップ。

また、USB-Cでの急速充電やワイヤレス充電など最新の機能も搭載でスキがありません。

Amazon評価
対応コーデック SBC、apt-X、AAC
再生時間 合計約32時間 (本体のみ8時間)
その他機能 ワイヤレス充電対応
  ドライバ2機(ダイナミック型×1バランスドアーマチュア×1)

 

再生時間

合計約32時間の音楽再生 (本体のみ8時間)です。

本体のみでも8時間ありますので、これだけあれば十分かと思います。

他にも15分充電で2時間再生可能な急速充電機能がありますので緊急時にも安心ですね。

その他の特徴や機能

バランスドアーマチュアとダイナミックの2ドライバー構成により高音と低音のバランスのよいサウンドになっています。

また、アプリ上で音の聞き取りやすさを測定しあなただけのHearing Profileを自動で作成する「HearID」という機能を搭載しています。

audio-technica ATH-CKS5TW


最後はオーディオテクニカです。

こちらは聞いたことが無い方も多いかもしれませんが、実はすごいんです。

3機のドライバを搭載し高音質、それでいて本体は軽いなどよく考えられて作られている一品で日本のメーカー製です。

その音質はガジェット系メディアやYouTubeでも大きく話題になっています。

Amazon評価
対応コーデック SBC、AAC、aptX
再生時間 合計約45時間 (本体のみ15時間)
その他機能  ドライバ3機(ダイナミック型×1バランスドアマチュア×2)

 

再生時間

合計約45時間 (本体のみ15時間)です。

完全ワイヤレスで本体のみ15時間はなかなか驚異的ですね。

充電を気にする必要がないかもしれません。

その他の特徴や機能

10mmの新設計ドライバと新設計イヤーピースが搭載されています。

特にイヤーピースは完全ワイヤレスイヤホンに適合するように開発され、フィット感だけでなく音抜けなども考慮されています。

まとめ

1万円クラスの完全ワイヤレスのご紹介でした。

これらのなかでも特に注目はAnkerです。

どこかのリンゴのごとくProという名を冠して、Ankerには珍しく高価格帯で発表してきました。

バランスドアーマチュアとダイナミックの2ドライバ構成になっているなど、確かに2万円以上のイヤホンと勝負できる内容なのではないかと思います。

1万円以下に抑えたい方は流行りのAVIOTでしょうか。

それでは!

AirPodsでは満足できない?音質重視で選ぶおすすめの完全ワイヤレスイヤホン完全ワイヤレスのイメージ崩壊 ここ1~2年ほどで5000円クラスから数万円クラスまで様々な完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 ...
コスパ最強!!5000円クラスのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン3選これで必要十分です Air Podsのヒットを受けて、通勤などの普段使いイヤホンとして完全ワイヤレスイヤホンを選択する方が多くなっ...