プレイステーション

交換不要!PS4には外付けSSDがおすすめな理由と製品のご紹介

 

PS4のHDDをSSDへ交換したいけど面倒。何かいい方法はないの?

 

いよいよPS5の概要が公開され始めライフサイクルの終盤となってきたPS4。

ロード時間短縮のためにHDDからSSDへ換装をしている方や、これからしようと思っている方も多いはず。

 

トド
トド
でも内蔵HDDの交換は大変で面倒なんだよね
たっく
たっく
USBで外付けがオススメだよ

 

実は取り付けが簡単なだけでなく条件によっては内蔵HDDからの交換よりUSB接続の方が高速になるのです。

今回はその理由とおすすめ外付けSSDをご紹介しようと思います。

そもそもSSDとは?

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、半導体メモリをハードディスクのようなディスク構造のストレージと同じような用途で使用できるものを指します。

PCでいうRAM(メモリ)を記憶装置にしたようなイメージですね。

メモリといっても2.5インチケースに入っている製品が主流のため、HDDから交換も簡単です。

従来のいわゆるHDD(ハードディスクドライブ)は名前の通り、内部で稼働するディスクに書き込むような構造になっています。

 

たっく
たっく
ケースの中でCDが回ってるイメージですね

 

SSDのメリット

✔ 読み書きのスピードが速い
✔ 熱を持ちにくい
✔ うるさくない
✔ クラッシュしにくい

 

PS4のHDDを交換して読み込み速度をUP!おすすめの定番SSDのご紹介 ロード時間短縮に劇的な変化が見込めるものといえば、そうSSDです。 最近はかなり価格下落も激しく、エントリ...

外付けの方が高速になる条件とは?

下記はストレージ(HDD/SSD)を接続する際の規格と転送速度(理論値)になります。

PS4スリム PS4 Pro
内蔵 SATA2: 3Gbps SATA3: 6Gbps
外付け USB3.1: 5Gbps USB3.1: 5Gbps

※初期型は異なりますので注意

 

ご覧の通りPS4 Proにおいては内蔵HDDから換装したほうが速いのですが、通常のPS4においては外付けUSBの方が高速になっています。

また、交換作業が必要ないことを考えるとPS4 Proの場合でも外付けの方がおすすめです。

 

トド
トド
外付けの方が速いのは意外だね

 

外付けにおすすめのSSD

内蔵タイプは2.5インチケースのタイプを選ぶ必要がありますが、外付けの場合はサイズにとらわれる必要がありません。

できるだけコンパクトなものを選ぶ方がよいでしょう。

選ぶポイント

✓ USB3.1 GEN1対応
✓ コンパクト
✓ PS4拡張ストレージ対応

PS4拡張ストレージとは、外付けしたHDDやSSDへアプリケーションをインストールしたり移動させたりできる機能のこととです。

はじめて使うときは、フォーマットが必要です。 (設定)>[周辺機器]>[USBストレージ機器]からフォーマットする機器を選び、[拡張ストレージとしてフォーマットする]を選びます。フォーマットが完了すると、アプリケーションのインストール先として自動で設定されます。
引用:PS4公式サイト

BUFFALO ポータブルSSD

 

 

評価
容量 480GB/1TB/1.9TB
USB 3.1対応
PS4拡張ストレージ

 

まずはBUFFALOのポータブルSSDです。

コンパクトなUSB 3.1対応製品で、PS4拡張ストレージにも対応しています。(480GB以上の製品のみ)

見た目とは裏腹にMIL規格準拠で耐衝撃性能にも優れているのもGoodですね。

I-O DATA ポータブルSSD

 

 

評価
容量 480GB/960GB
USB 3.1対応
PS4拡張ストレージ

 

続いてはI-O DATAのポータブルSSDとなります。

こちらもUSB 3.1やPS4拡張ストレージ対応で問題はありません。

BUFFALOと同じくMIL規格にも準拠しています。

こちらは丁寧にもPS4接続ガイドが付いており、全くの初心者の方でも安心ですね。

まとめ

SSDは外付けがおすすめな理由とおすすめ製品のご紹介でした。

ケーブルで接続してフォーマットするだけですのでとても簡単でおすすめです。

ゲームによってはロード時間が半分になる場合もあるようですので、是非試してみてください。

それでは!