Gadget

ノイズキャンセリングの王様!ソニーワイヤレスヘッドホン WH-1000XM3

ノイキャン、ナメてました

若干お高めのワイヤレスヘッドホンといえばBOSEのQuietComfort一択といった状況の中
2018年秋にソニーからWH-1000XM3が発売されました。

YouTubeや有名ガジェット系ブログでもそれはまあ絶賛の嵐でしたが、なんでも疑ってかかるわたしは「ふ~ん、それは大げさでしょ」くらいの認識でいました。

トド
トド
これだからおっさんは、、、

そんなわたしがたまたまWH-1000XM3を視聴する機会があり、なんとなく使ってみましたが

たっく
たっく
なんじゃこれ!!

いや音質がいいのはわかってるんです。
良し悪しありますがソニーの作る音は個人的に好きですし、そこは初めから疑ってません。

問題はノイズキャンセリングの性能です。

静寂。まさに静寂。

完全に無音とは行かないまでもまさかこんなに周囲の音が消えてしまうとは思ってもみませんでした。

今更ながらちょっと気になってきたので、まとめてみようと思います。

WH-1000XM3の特徴

一言で言えば全部入りヘッドホンです。

全部書くとキリがないほど多くの機能や設定があるので、メイン部分だけご紹介します。

スペック

連続使用時間 最大30時間
対応コーデック SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC
入力ポート USB-C
その他 NFC搭載

高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1


高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1」によりノイズキャンセリング性能が前モデルの4倍に。

たっく
たっく
これ、ほんとにすごい!

DSEE HX対応


圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするソニーの独自規格「DSEE HX」搭載です。

わたしも聞いてみましたが、音の質が変わる(高音の透明感が上がる?)イメージで好き嫌いが出そうですね。

アンビエントサウンドモード

外音取り込みモードです。
ノイキャン搭載機にはよくついているモードですね。

町中でノイズキャンセリング効かせて歩くとか、ほんとに危険なのでやめたほうがいいです。

このモードを使って外の音が聞こえるようにしておきましょう。

トド
トド
でもいちいち外さなくていいから便利だね、これ

音声アシスタント対応

いやー、どっちかでよくない?と思ってしまいますが、GoogleアシスタントとAlexaに両対応です。

わたしが使うならGoogleアシスタントかな?

最後に

調べてみるまであまり詳細を知りませんでしたが、まさに全部入り!

ノイキャンの性能ばかりが取り上げられてますが、その他の性能にもスキがありませんね。

BOSEのQuietComfortを狙っていた方はこちらも真剣に検討したほうが良いと思いますよ。

それでは!

https://todotsuma.com/10000wireless

コスパ最強!!5000円クラスのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン3選これで必要十分です Air Podsのヒットを受けて、通勤などの普段使いイヤホンとして完全ワイヤレスイヤホンを選択する方が多くなっ...
AirPodsでは満足できない?音質重視で選ぶおすすめの完全ワイヤレスイヤホン完全ワイヤレスのイメージ崩壊 ここ1~2年ほどで5000円クラスから数万円クラスまで様々な完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 ...