IT

次世代WiFi規格 WiFi 6とは?特徴と対応ルーターのご紹介

5Gの電波が携帯キャリア各社へ割り振られ、ようやくローンチのスケジュールも見えてきました。

しかし、その5G時代になくてはならない大事な規格があります。

それが次期WiFi規格です。

トド
トド
WiFiにも規格があるんだね

現在は(正式版としては)11acが最新ですが、実際の速度をみても5Gの高速通信には耐えられそうもありません。

今回は次期WiFi規格である11ax、通称WiFi 6を簡単にまとめていきたいと思います。

WiFi 6とは

次期WiFi規格のことで正式名称はIEEE 802.11axです。

今回の規格からわかりやすいようにWiFi 6という通称がつけられました。

ちなみにこれまでのIEEE 802.11nはWiFi 4、IEEE 802.11acはWiFi 5という通称になっています。

トド
トド
わかりやすくていいね

記事執筆時点ではまだドラフト版という扱いですが、遅くとも2020年には正式に開始されるものと思います。

WiFi 6の特徴

最大通信速度の向上

11acでは最大6.93Gbpsであったのが、9.6Gbpsへアップします。

これではピンときませんが、11acでは実行スループット(実際の速度)が大体800Mbpsであったものが、1Gbps以上になると言われています。

すでに光回線は1Gbps以上のサービスがメインになっているにも関わらず実際はWiFi規格がボトルネックになるという状態でした。

また、実際にこれだけ出るとすると8Kのストリーミングなども行えるようになるかもしれませんね。

たっく
たっく
8K放送も始まりますしね

速度の安定化

11acでは5GHz帯だけに対応していましたが、WiFi 6では11nと同じく2.4GHz帯、5GHz帯の2バンドに対応します。

5GHz帯と2.4GHzを交互に組み合わせた通信も行えるため、速度は安定するものと思われます。

先日Googleが発表したSTADIAなどのクラウド型ゲームをWiFiでプレイしようとすればこの安定性は必須であるかもしれません。

クラウドゲームプラットフォームGoogle STADIA爆誕!日本での開始時期や価格は?来るか、未来 Googleがゲーム開発者向けのカンファレンス「GDC 2019」にて、クラウドゲームプラットフォーム「STADIA...

MU-MIMO(MultiUser-MIMO)の向上

MU-MIMOとは複数のストリームを束ねて高速通信を可能にする技術のことです。

11acでは同時接続デバイス数が最大4台でしたが、WiFi 6では8台へと倍増しています。

IoTを見据えて多くの機器につないでも高速通信ができるようになるようです。

たっく
たっく
もう少し増やせなかったか。。

 

省電力

消費電力が大幅に改善されるとのこと。

特にバッテリーの小さいスマホには恩恵があるのではないでしょうか。

対応製品

まだ正式にスタートしているためではないため、記事執筆時点でのWiFi 6対応ルーターはかなり限られていますが、ご紹介しておきます。

まだまだ価格が高いため様子見でよいと思いますが、どのような製品なのかチェックしてみてください。

まとめ

通信速度や安定性の向上、消費電力の改善など11acからの正常進化といったところでしょうか。

5Gも近く始まりますので、WiFi規格も揃って高速化する必要があるということだと思います。

また何かアップデートがあれば追記していきたいと思います。

では!

※ImageはWiFi Alliance公式サイトより引用

いまさら聞けない!5Gとは?特徴とデメリット総務省の電波監理審議会が2019年4月10日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4者に対して5Gの電波割当てを決定しま...