iPhone・iPad

Googleフォト容量無制限バックアップがついに終了!今後考えるべき3つの選択肢とは?

 

Googleフォトの容量無制限バックアップが終了するって聞いたけど、どうすればいいんだろう?

 

先日Googleから衝撃の発表があり、なんとGoogleフォトの容量無制限バックアップを終了するとアナウンスされました。

2020年6月以降は15GBの無料ストレージ領域にバックアップされ、上限に達するとバックアップが不可となります。

 

たっく
たっく
これは痛い。。。

 

トド
トド
どうすんのよこれ

 

今回は容量無制限バックアップが終わった後、どのような選択肢をとっていくべきか考えていきたいと思います。

 

Googleストレージポリシー変更

 

今回の件はGoogleのストレージポリシーが変更されることによるものです。

アナウンスの全文はこちらから確認できます。

ポイントをまとめると

 

  1. Googleストレージのポリシー変更
  2. Gmail・Google ドライブ・Google フォトが影響を受ける
  3. 2021/5/31までのバックアップについては変更なし
  4. 2021/6/1以降は無料15GBのストレージを消費する
  5. 容量を超えた場合バックアップ不可
  6. 2年間サービス利用がなければ削除の可能性あり

※GoogleドライブについてはGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトなどの共同編集用コンテンツ作成アプリを含む

 

これも時代の波でしょうか。

さすがにGoogleも無料対応しきれなくなりました。

GoogleフォトだけではなくGoogleドキュメントなども対象となりますので注意です。

ツイッターの反応

本件はかなり広範囲のユーザに影響を与えるものですので、ツイッターでもすぐにトレンド入りするなど困惑が広まっています。

https://twitter.com/hono_aoiro30/status/1326893216155590657

https://twitter.com/yuipii_spla/status/1327445205956534272

 

トド
トド
皆同じように悩んでいるのね

 

考えるべき3つの選択肢

 

嘆いていても仕方がないので、2020年6月以降にとるべき選択肢を考えてみます。

なお、Googleフォトというクラウドサービスが元となっている件ですので「HDDへローカル保存する」という方法は除きます。

このままGoogleフォトを使い続けるか移行するかがポイントとなっており、選択肢については下記3つが有力であると思われます。

 

  1. Googleドライブの容量を増加
  2. Amazon Photosへ移行
  3. 既存のPixelスマホを使う

 

それではそれぞれメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

① Googleドライブの容量を100GBへ増加

 

まずはそのままGoogleフォトを使い続けることを前提として考えます。

とりあえずは15GBの無料スペースがありますのでそれを存分に使うとして、その後上限に達したらGoogleドライブの容量を100GBへアップグレードすることです。

アップグレード料金については以下のとおり。

容量 月額払い 年額払い
15GB 無料 無料
100GB 250円 2,500円
200GB 380  3,800円
1TB 1,300円 13,000円 

ヘビーユーザや動画主体の方以外は当面100GBで十分足りるはず。

月250円となりますが年額払いにすると2,500円で月当たり210円弱

これくらいであれば大人だけでなく学生さんでも躊躇なく申し込める値段ですね。

Googleフォトは検索機能としてもとても優れておりアプリケーションとしての使い勝手がとてもよいです。

このままGoogleフォトを使い続ける場合はこの方法を考慮していくことになります。

 

メリット

慣れたGoogleフォトを使い続けられる
移行などの手間がいらない

 

デメリット

月額料金がかかる
今後は高額プランが必要になる可能性も

 

アップグレードはこちらから申し込みが可能です。

 

② Amazon Photosへ移行

 

2つ目はAmazon Photosへの移行です。

Amazon Photosを使用するにはAmazonプライムへの加入が必要となりますが、すでに入っている方も多いのではないでしょうか。

Amazon Photosはプライム会員という有料サービスの一部でもあり、解像度や品質を落とさずに無制限アップロードできるのが特徴です。

 

たっく
たっく
なんとRAW形式の保存にも対応してます!

 

ただし、無制限保存は写真のみでビデオは5GBまで

Amazonプライムにすでに加入している、またはこれから加入しようとしていてビデオより写真が主体という方はこちらへの移行もアリですね。

 

月額払い 年額払い
500円 4,900円

 

料金は年額払いすると4,900円ですので月410円弱。

Googleドライブの100GBプランより高いですが、Amazonプライムに関してはプライムビデオを筆頭に様々なサービスが付帯しており月410円弱なら格安ともいえます。

Amazonプライムについてはこちらにまとめていますので、興味があれば使えるサービスなどをチェックしてみてください。

 

アマゾンプライムは何が出来る?14の特典と料金を徹底解説 アマゾンプライムは有料会員であることから加入に躊躇されている方も多いかと思います。 結論から言いますと圧倒...

 

メリット

写真は品質を落とさず無制限バックアップ
RAWの保存にも対応
Amazonプライムのサービスが利用可能

 

デメリット

月額料金がかかる
ビデオのバックアップに制限有り

 

\30日無料体験を使ってみよう/

 

③ 既存のPixelスマホを使う

 

3つ目はPixelシリーズのスマホを使用することです。

実は今回のポリシー変更が除外されるケースというのがあり、それがこの方法です。

Googleフォトのヘルプページには下記のような記述があります。

 

Pixel 2~5 のデバイスから高画質でアップロードした写真は、引き続き無料、容量無制限で保存されます。

 

つまり、Pixelシリーズからアップロードされる写真や動画は引き続き容量無制限でバックアップ可能ということです。

ただし、「Pixel2~5」と記載があるようにPixelの次期モデル以降でも無制限バックアップができるかどうかは不明です。

この方法でとりあえず考えられるやり方としては下記かなと思われます。

  1.  Pixel5へ機種変更
  2.  Pixel3を中古で購入し写真を端末へコピーした上でアップロード

どちらにしてもiPhoneユーザの場合はかなり面倒なことにはなるかもしれませんね。

スマホの機種をとるか写真をとるか。。難しい選択です。

 

メリット

Googleフォトを無料で使うことができる

 

デメリット

Pixelの購入が必要
次期モデルは対象とならない可能性も

 

SIMフリーのPixelについてはこちらで購入できます。

中古の端末を手に入れるにはゲオオンラインストアが安心です。

 

まとめ

Googleフォト容量無制限バックアップ終了に関するお話でした。

個人的にはAmazonプライムに加入していることもあり、Amazon Photosへの移行を考えています。

とはいえ、動画もそれなりに多いので悩みどころです。。。

しかし、こう見るとやはり私達はもうGAFAの手の中で踊らされている感を強く感じますね。

もうGoogleやAmazonのサービスに依存するのが一番便利と感じてしまっていて、そこからの脱却はなかなか難しそうです。

それでは!

\30日無料体験を使ってみよう/