AirPods Proの使用で外耳炎(耳だれ)が発生!その原因と解決法とは?

  • URLをコピーしました!
たっく

こんにちは、管理人のたっく(@todotsuma_G)です

発売当初からわたしが一貫してメインに使用している完全ワイヤレスイヤホンがAirPods Proです。

最近はあまり音楽を聞くこともなくYoutubeなどをラジオ的に聞くことが多いので、気負わずサクッと使えるAirPods Proは最適なのです。

とど

なんだかもったいない使い方。。。

ところが、最近少し使用するだけでも耳の中がかゆくなり、耳だれをおこすようになりました。

ちょっと長時間使いすぎたかな?とセーブするもやはりAirPods Proを少しでも使用すると同じ症状が再発します。

ちょっと不安になり同じような症状の方がいないかTwitterで検索してみることに。

結果、多くの人が同様の症状を発症していることがわかりました。

クリックできる目次

AirPods Proの使用で外耳炎(耳だれ)が発生

たっく

同じ症状の人が結構いる!!

正しいかどうかは不明ですが、Twitterで言及されている原因はどうやらこの2つ。

原因と思われるTweet
  • イヤーピースによるアレルギー
  • 外耳道真菌症(カビ)

確かにあまりお手入れしていなくて不衛生だった面はあったので、都度アルコール消毒してまた使用再開してみました。

しかし、やはりまた耳だれ再発。

ダメみたいです。

解決法1:イヤーピースを変更

衛生面の問題ではないのか。。。

となるとあとはイヤーピースの問題となりますが、気になるツイートをしている方が。。。

確かにコンプライのイヤーピースはウレタン素材で密着しても空気を通すので、蒸れない可能性はあります。

コンプライのイヤーピースについては下記でご紹介していますので、よろしければ。

コンプライのイヤーピースに替えてみた

このまま耳だれを放置もできないので藁にもすがる思い出コンプライのイヤーピースに変更してみました。

結果、確かにこのコンプライのイヤーピースの場合は問題ありません。

確かに耳の中で密着はするのですが、ウレタン素材でスポンジ状になっているためベッタリくっ付いている感はないのです。

これがダメなら別のワイヤレスイヤホンに乗り換える必要もでてきただけに少しホッとしました。

たっく

やはり純正イヤーピースと耳との相性問題か。。。

解決法2:インナーイヤー型イヤホンに替える

カナル型に原因があるならインナーイヤー型に替えてみるのも手です。

実際にわたしもインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンを購入して使ってみましたが、いまのところ再発はしていません。

通常のAirPodsを買い直すとなるとそれなりに高いので、オススメは下記のイヤホンです。

とど

確かに無理やりカナル型を使う必要もないよね

まとめ

AirPods Proの使用で外耳炎(耳だれ)が発生したお話でした。

わたしの場合は上記2通りの方法で解決しましたが、原因は人によって様々だと思います。

どうしても困っている人は一旦試してみてもいいのではないでしょうか。

それでは!

クリックできる目次
閉じる