Apple

iPad Pro 11で有線イヤホンを使いたい!USB-Cヘッドホンジャック変換アダプタのすすめ

iPad Pro、活用してますか?

iPad Pro 11を購入してからというもの毎日使わない日はありません。

そんなiPad Proにまたもや足りないものが出てきました。

それはヘッドホンジャックです。

昨今の端末薄型化の影響を受けてApple製品ではiPhone 7からヘッドホンジャックが廃止されました。

まさかサイズに余裕のあるタブレットにまで影響するとは思いませんでしたが、ついにiPadでもこのヘッドホンジャックがなくなってしまいました。

しかもiPhoneシリーズにはlightning-ヘッドホンジャック変換アダプタが付属していますが、なぜかiPadには同梱されていません。

トド
トド
それくらい付けてくれても。。

夜遅くなど大きな音を出しにくい時間にYouTubeやAmazon Primeなどを見たりする場合必要なんですよね。

音楽を聞く場合はBluetoothヘッドホンを持っているのでこちらで聞くことができますが、映像系だと遅延があって見れたものじゃないしね。

ということで、仕方がないので今回はUSB-Cヘッドホンジャック変換アダプターを購入してみることにしました。

軽い気持ちでどれでもいいだろうと、エレコムの1000円ほどのものを購入。

しかしそこには罠が待ち受けていたのです、、

iPad ProではDAC搭載品しか使用できない

特に難しい製品でもないのでそのままパッケージを開封してぷすっとUSB-C端子に接続し、続いてイヤホンを接続してみました。

トド
トド
おお、ちゃんと鳴っていますね、、本体側のスピーカーから
たっく
たっく
ダメじゃん!!

えええ、、何か設定が必要なのかなぁ?
でもそんな設定見たこともないし…

差し直してみたり、別のイヤホンやヘッドホンをつなげたりしてかれこれ10分ほど格闘してみましたがうんともすんともしませんでした。お手上げです。

他に同じような症状の方がいないか、検索してみてあることが判明しました。

iPad ProではDAC搭載のものしか動作しない

盲点でした。
まさかそんな落とし穴があるとは、、

調べてみると、確かに対応品にはDAC搭載の記載があるではないですか、、

DACとはデジタル・アナログ変換”digital to analog converter”のことです。

説明記事などもたくさんありますので、ご興味のある方はググってみてください。
もし気が向けば1本記事にさせていただこうと思います。

トド
トド
あいかわらずテキトウだなあ

そしてもう一つショックなことが。

調べてみたところAppleの純正品が1,000円(税別)でした!
はじめからこれを買っとけばよかった!

まとめ

商品によってはDAC搭載かどうか記載がないものもあります。

そもそもApple純正品でも1,000円(税別)と珍しくお安いお値段のため、欲しい方はサクッと純正品を購入してしまうのが吉かと思います。

ただ、調べている中で、この純正アダプタとソフトウェア間で不具合があるような報告もちらほら見受けられましたので、気になる方は少し調べて頂いたほうがよいかもしれません。

ではまた!