AirPods

AirPods Proが高コスパ機に!Apple Careに必ず加入すべき理由

備えあれば憂いなし

AirPods Proがまだまだ品薄状態であるなど、最近一段と完全ワイヤレスイヤホンがブームとなっています。

ソニーやゼンハイザーなど、AirPods Pro以外でも2万円以上の高額な商品が売れ筋となっているのがすごいところ。

トド
トド
昔は1万円で十分高級だったのにね
たっく
たっく
2万円以上のイヤホン買ったのAirPods Proが初めてだよ

でもあまり言及しているブログやYouTubeを見かけませんが、みなさんきちんと理解していますか?

ワイヤレスイヤホンはバッテリーを搭載した消耗品であることに。。。

今回は高額なAirPodsを高コスパ機へと変える方法をご紹介します。

結論から言いますと、それはApple Care + for Headphoneに加入するというものです。

AirPodsのバッテリーはどれくらいでヘタるか

公開されている様々なユーザのブログなどを見る限り毎日使う人で約1年、あまり使わなくても2年未満でヘタリを感じている方が多いようでした。

とくにAirPodsは片側だけ大きく消耗するという、変則的なヘタリ方をするようです。

AirPodsは他の完全ワイヤレスと比較するとイヤホン単体での連続再生時間は少ない部類に入るのでバッテリーのヘタリは命取りですね。

AirPodsのバッテリー交換料金は?

バッテリーがヘタったら交換しようという流れになるのは当然です。

ですが、そもそもAirPodsはその構造上バッテリー交換は不可で、本体ごと新品交換となるためそれなりに料金がかかります。

イヤホンの片側とケースそれぞれ5,400円(税別)ですので、全交換となると5,400円×3で16,200円(税別)になります。

ちなみに一番安いAirPods with Charging Caseは17,800円(税別)なので、これを使ってる人は新品買った方がいいです。

ただ、その隣にある「AppleCare+ の保証対象 0円」に注目。

これこそがAirPodsを高コスパな製品に変える方法です。

トド
トド
前置き長すぎ!!

Apple Care + for Headphone

2019年10月に登場したApple Care + for HeadphoneはAirPodsやBeats製品など、その名の通りヘッドホンに関する保証です。

iPhoneでは高くて敬遠する方も多いApple Careですが、なんと3,400円(税別)で加入できちゃいます。

これは1年のメーカー保証が2年に伸びるというものですが、過失や事故による損傷の場合にサービス料が安くなる他、バッテリー交換サービスが受けられます。

AppleCare+ for Headphones にご加入で、AirPod または充電ケースのバッテリーの蓄電量が本来の 80 パーセント未満に劣化した場合は、そのバッテリーを無償で交換できます。引用:Apple

つまり、2年近く使ってAppleCareが切れる頃にバッテリー交換(と言う名の新品交換)すればさらに2年は使えるということに!

もちろん劣化率が80%未満という制限はありますが、普通に普段使用していればおそらく余裕でそれ以下にはなるだろうと思われます。

トド
トド
なるほど1回新品交換できることを考えると実はコスパが良いということね
たっく
たっく
そういうこと!

まとめ

ハイエンドのAirPods Proはおそらく2年以上使ってもまだまだ第一線で活躍できるガジェットだと思います。

ですので、AirPods Pro購入時にはAppleCareが必須だと思っています。

新製品が出ることに買い換えるアーリーアダプターの方以外は絶対に入っておくべきです。

ただし、紛失に関しては対象外なのでご注意を!

それでは!

打倒高級機!10000円クラスのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン使い勝手も音質も。 前回5000円クラスのコスパ最高な完全ワイヤレスのご紹介をしましたが https://todotsuma...
コスパ最強!!5000円クラスのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン3選これで必要十分です Air Podsのヒットを受けて、通勤などの普段使いイヤホンとして完全ワイヤレスイヤホンを選択する方が多くなっ...