ロボット掃除機 yeedi vac2 pro レビュー | 水拭き掃除に自動ゴミ回収が便利すぎる!

  • URLをコピーしました!
たっく

こんにちは、管理人のたっく(@todotsuma_G)です

忙しくなかなか部屋の掃除に手が回っていない毎日。。。

今回、そんな我が家の救世主となるようなロボット掃除機、yeedi vac2 proがやってきました!

こいつ、なんと水拭き掃除ステーションへの自動ゴミ回収(*1)までしてくれる優れもの!

現在クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトが開始されていますが、今回一足先にサンプルをご提供頂けましたのでしっかり使ってレビューしていきたいと思います!

(*1) セルフゴミ収集ステーションを購入した場合

▼プロジェクトページはこちら!▼

クリックできる目次

yeediとは?

yeediは2019年に深センで設立されたロボット掃除機界の新鋭、yeediテクノロジーズが手掛けるブランドです。

水拭き、吸引、洗浄一体型ロボット掃除機で忙しい日本の皆様の日々から掃除によるストレスを取り除き、ゆとりのある時間を過ごせるよう目指しているロボット掃除機の専門ブランドです。

yeedi公式サイト

前述のクラウドファンディングサイトMakuakeで過去に4,700万円以上の支援を獲得した実績もあり、特に水拭き性能の高さで定評があります。

yeedi vac2 proの特徴

まずは、yeedi vac2 proの主な特徴をまとめておきます。

細かい部分ではたくさん良いところがあるのですが、その中でも特筆すべき部分です。

主な特徴
  • 毎分480回高周波振動するモップ
  • 本体のゴミはセルフゴミ収集ステーションで自動回収
  • 最先端3D構造化光技術を採用した障害物回避機能
  • 部屋の形状や間取りを360°測定しマップ作成
  • アプリ連携によるコントロール

yeedi vac2 pro 開封とセットアップ

たっく

では早速開封していきましょう!

本体開封

まずは本体から開封していきましょう。

セルフゴミ収集ステーションも購入している場合は別のパッケージとなります。

約60cm×40cmくらいのサイズ感で届きますのでまあまあ大きいですね。

梱包はしっかりされていて安心感があります。

同梱物は本体以外に、下記がはいっています。

同梱物
  • ドッキングステーション
  • エッジブラシ
  • 振動モッピングシステム
  • クリーニングクロス
  • 説明書とクイックスタートガイド

セルフゴミ収集ステーション開封

続いてセルフゴミ収集ステーションも開封していきます。

こちらはさらに大きなサイズですので、本体と同時に届いたら結構な場所をとりますね。

内容はこのような感じ。

ゴミ収集パックはあらかじめセットされているものに加えてもう1枚入っており親切です。

本体と一緒に設置してみましたが、他社製のステーションに比べるとかなりコンパクトなのではないでしょうか。

これなら部屋の片隅に置いておいてもそんなに圧迫感はなさそうです。

上の蓋を開けると、このようにゴミ収集パックが入っています。

専用品のようなので、おそらく日本で使用されている一般的なパックは使用できないかと思います。

とど

そこはちょっと残念

本体

では続いて本体を見ていきましょう。

大きさは直径で約34cmほどありまあまあ大きいですが、他のロボット掃除機と同じくらいかと思います。

上面にカメラがついているのが特徴的で、全体的にはシンプルなデザインです。

たっく

私は好きなデザインですね

ひっくり返して裏面です。

手前に振動モッピングシステムの搭載場所があり、左上にエッジブラシ取り付け場所があります。

目を見張るのがタイヤで、とてもしっかりした作りになっています。

多少厚みのあるカーペットや敷物くらいなら難なく乗り越えてくれそうです。

セットアップ

クイックスタートガイドがついているので、その通りにセットアップしていけば問題ありません。

多言語対応で、日本語の記載ももちろんあります。(説明書の方は完全に日本語でした)

まずは、 振動モッピングシステムとエッジブラシを取りつけて、電源をONにして充電しましょう。

電源はフタを開いて赤い部分を右へスライドします。

メインのセットアップはすべてアプリ上で行うことになります。

アプリの設定

たっく

アプリの設定はクイックガイドにも詳細な記載がないので詳しく説明していきますね

STEP
アプリのインストール
yeedi
yeedi
開発元:YEEDI TECHNOLOGY LIMITED
無料
posted withアプリーチ

まずは無料のスマホアプリをインストールしましょう。

iOS、Android両方に対応しています。

STEP
2.4GHz帯のWi-Fiへ接続

説明書には2.4GHz帯Wi-Fiへ接続するよう指示がありますので、アプリを入れるスマホは11gなど2.4GHz帯に接続しましょう。

11aなどの5GHzでも使用はできましたが、広範囲に電波が届くのは2.4GHz帯ですので掃除機本体のWi-Fi設定は2.4GHz帯の方がよいと思います。

STEP
初期設定

地域と言語を選んでいきます。初めからJapanと日本語が入っているはずなので、次へ

対象のロボットを追加していきます。

途中でWi-Fiのパスワードを聞かれますが、ロボット掃除機本体をWi-Fiへ接続するための設定ですので、入力していきましょう。

yeedi vac2 proを選択して手動で進めてもいいのですが、左下の「QRコードをスキャンして追加する」が便利です。

スマホの画面に表示されたQRコードを yeedi vac2 proのカメラにかざして読み込ませます。

成功したらSuccessfulといった英語でアナウンスが流れます。(設定時の音声はすべて英語です)

次へ次へと進み、ここまで表示されたら初期セットアップは完了です。

とど

おつかれさま!

STEP
詳細設定

アプリの初期設定が完了したら、 yeedi vac2 proを動かしてみましょう。

本体上面の自動モードボタンかアプリから始動可能です。

新しい部屋の掃除が終わると、上記のようにマップが自動作成され、次回からはさらにスムーズにお掃除してくれます。

吸引力の調整や水量調整、清掃予約など、細かな設定はすべてアプリ上から可能です。

とても直感的でわかりやすい画面ですので、誰でも迷うことなく設定できるかと思います。

yeedi vac2 pro 実際に使ってみた

たっく

実際に動かしてみましたので、動作の様子はこちらから

クリックできる目次
閉じる