iPad

アップルペンシルの代わりに!ペアリング不要で便利なおすすめスタイラス Professional Stylus Pen

 

アップルペンシルが高くて手が出ない。他に使える製品はないの?

 

iPad Pro三種の神器の1つ、Apple Pencil

iPad Proを買ったら一緒に揃えたほうがいいのか、、、悩む人も多いと思います。

 

トド
トド
でも15,000円近くするのは高すぎる
たっく
たっく
絵も描かないしね

 

私は特に使用用途が思い浮かばない人には不要だと思っています。

そんな中Apple Pencilの代わりとして結構使えるスタイラスを発見しましたので購入してみました。

今回はこちらをレビューしていきたいと思います。

Professional Stylus Penレビュー

商品名はProfessional Stylus Penとあります。

メーカー名などは書いていないためノーブランドです。

購入したのはペン先が円錐になっている第二世代ですが箱は第一世代ですでに不安が。。。

まあ中身は第2世代になっていたので良しとします。

ノーブランドあるあるですね笑

マニュアルの他に、本体とUSB-A to Cケーブル、替えペン先が入っていました。

 

トド
トド
箱の質感は悪くないね

本体の仕様

充電端子はUSB-Cで、iPad Proと揃っているところは評価できます。

連続稼働時間も約10時間とのことで十分ですね。

頭の丸い部分をタッチすることで電源のON/OFFが可能です。

ペン先は円錐形になっていてぱっと見Apple Pencilっぽいです。

ペン先は柔らかいゴムではなく硬めのプラスチックとなっており、こちらは好みもあるかと思います。

 

たっく
たっく
傾き感知機能があるので円錐形は書きやすいです

 

実際に書いてみた

純正メモ帳で書いてみたところです。

何の問題もない!

すらすら書けて追従性もApple Pencilと遜色ないように思います。

ペン先は硬めなので保護フィルムはキッチリ貼っておきましょう。

傾き感知機能搭載とのことで試してみました。

こちらも全く問題なし。

ペンを立てると細く、傾けると太く書くことができました。

また、パームリジェクション機能も搭載されており手をiPadの画面に置いた状態でも書くことができます。




良い点とイマイチな点

もちろんApple Pencilと比較するとデメリットも多くあります。

良い点とイマイチな点をまとめておきます。

良い点

✓ 4,000円未満でコスパ高
✓ USB-C充電
✓ 傾き感知機能
✓ パームリジェクション機能

 

イマイチな点

✓ iPad本体へ磁気吸着できない
✓ 別途本体の充電が必要
✓ 筆圧感知機能がない

 

特に絵を描く人は筆圧感知機能がないことに注意です。

逆にメモを取るなど文字を書くことが中心の方にはこれで十分といえます。

まとめ

ノーブランドのProfessional Stylus Penのご紹介でした。

ノーブランドで4,000円弱はそれなりに高い部類に入りますが、筆圧感知以外はそれなりに使えてコスパは非常に高いと思います。

約15,000円のApple Pencil購入をためらっている人は検討してみてはいかがでしょうか?

それでは!

iPadはパソコンの代わりに使えるか?現役ITエンジニアが回答します 最近このような質問をよく聞くようになりました。 iPadのパソコン化が進み、ある程度のことはiPadで出来...
iPad Pro 2020年モデル登場!新しくなった機能を中心に新旧比較 直前のリーク情報が飛び交っていたiPad Pro (2020)がついに登場しました。 2018年の登場時に...
無印iPadとiPad Airどちらを買うべき??性能を比較してみた 2019年秋モデルとして登場したiPadの最廉価版。 10.2インチの若干細ベゼルで、より一層スマートなフ...
iPad mini 5と一緒に!おすすめのケース・フィルム・キーボードなどを紹介 iPad mini 4以降カタログ落ちのウワサが囁かれていたminiですが、新型 (以下iPad mini 5)...